ヒロミが語る松本伊代の愛し方

ヒロミが語る松本伊代の愛し方「オレ、誰と結婚しても幸せにできる自信があるよ」(週刊女性PRIME)

一時期、芸能界から

干されていた?

休んでいた?ものの

しれっとカムバックして

稼げてるからこその

発言だとは思うけど。

 

いろいろな葛藤や試行錯誤を経て

期待も落胆もしない

力の抜けたスタンスに

たどりついたんだろうね。

 

「一度、結婚したら離婚はしない」って決めて結婚したという覚悟もあったかな。

(中略)離婚という選択肢がないのなら、危機を乗り越えること自体を楽しむとか、相手ができないことを自分がやるとか、工夫するしかないでしょ。

ヒロミも難局時は

自分の覚悟が支えに

なっていたであろうことが

推察される。

やはり結婚時の

男性の覚悟は重要だ。

 

まあそうはいっても

我慢や工夫にも限界はあるから

ダメだこりゃと思ったら

さっさと損切りする

勇気も大事だと思う。

 

伊代ちゃんは健常者でしょ。

いろいろ不器用でも

健常者ならまあ

どうにかこうにか

回せるのではと思う。

 

しかしポンコツ異常者だと

努力する意味はない。

DV、モラハラ、アスペ、依存症、

このへんは損切りですな。

 

 夫婦の関係がよっぽど悪いわけじゃないのなら、相性なんてこともあまり深く考える必要もないと思う。だって俺、ママじゃなくても誰と結婚しても幸せにできる自信あるもん(笑)。相手次第じゃなくて、自分次第だよね。

これも同じ。

健常者なら相手が誰でも

大差ない...と思うw

 

 俺だって、若いときは浮かれてたよ(笑)。ただ、男が外で女の子にちやほやされて勘違いして、家で奥さんを大事にしないのはダメだよね。年老いて自分が誰からも相手にされなくなって、あわてて奥さんのフォローをしたって遅いよ。そのときは奥さんのほうだって、もう旦那さんに嫌気がさしちゃってるだろうしさ。だから今のうちから、奥さんとたくさん話して、コミュニケーションをとっておいたほうがいいよね。だってそのほうが楽しいでしょ。

 

わが家のルールをひとつあげるとしたら、子どもよりもママを大切にするということかな。

息子たちが子どものころから「何か起きたら、パパはお前たちよりもまずママを助けるからな」と、あえて言ってきた。男は女を守らなきゃいけないんだっていうことを、それで感じてほしかったんだよね。息子たちに彼女や奥さんができたとき、守れる男になってほしいという思いもあるから。

いろいろイイこと言ってるけど

メディアで発言することで

自分にプレッシャー

かけてるのもあると思う。

 

ヒロミなんてモテるだろうし

誘惑も多いでしょ。

それでタガがはずれそうに

なったとき、自分の言葉を

思い出してなんとか

耐えてるのでは。

 

ここまで語っておきながら

あとで不倫スクープとかされたら

笑うけどね。

-つぶやき日記

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.