マンガ:Uさんと出会って、シングルマザーになった話

2021年3月26日

Uさんと出会って、シングルマザーになった話

発達障害という言葉も

アスペルガー症候群という言葉も

自閉症スペクトラム障害もASDも

一切出てこないが

これは完全なドアスペ夫ですな。。。

もう真っ黒。

しかもかなり高濃度。

 

強固なマイルール、

揺るがない自分目線、

欠落した情緒、

かみ合わない会話、

空気を読まない行動。

 

たいして他人に興味がないのに

一度興味を持つと

しつこいところも

まんまアスペルガーである。

 

 

かようにハラスメントシーンが

延々と続くので

「この奥さん、いつまで

食い下がるんだろう?」

と思いながら読み進める。

 

発達障害の知識がなくても

さすがにおかしいと

途中で気づきそうなもんだが

よほどニブい女性なのか?

さんざん違和感を感じながらも

あっさり子作り&出産してしまう。

え!なんで???

生まれた赤ちゃんも

アスペルガーの可能性があるぞこれ。

 

結婚前の奥さんは

  • アルバイト=経済力なし
  • パソコンも苦手=調べる力なし

だったそうなので

流されるしかなかったんだろうか。

 

離婚手続きが終わった最終話で

なおも「お金の請求はしないでね」

と嫌味を言ってくる夫に対し

意趣返ししようとした

奥さんの言葉がこれ。

なんじゃこりゃ。

全然反撃になってないと思うが...。

 

作中では

「効いた」

と書かれてるあたり、

奥さんも最後まで

この男のことは全然わかってないし

空気も読めてないので

もしかしたら奥さんも軽度の

アスペなのかもと思った。

 

とにかくしんどい結婚描写が

盛りだくさんのホラー漫画だった。

 

<発達障害について>

発達障害は病気ではなく

生まれ持った特性なので

教育や治療では治らない。

親のしつけが悪かったわけでもない。

最初から”そういう人”なので

外圧で彼を変えることはできない。

 

希望を見出すとしたら

本人が診断を受けて

自分は発達障害者だと

認めることからだ。

そうすれば彼の”脳の仕様”も判明するし

周囲にのしかかる負担にも

自覚的になるから

対策を講じようがある。

 

しかし自覚のない発達障害者はずっと

「自分は悪くない。

何も悪くない」

という姿勢なので

何も変わらない。

周囲はただ受け入れ

我慢するしかない。

救いのない消耗戦が続く。

 

周囲の人が超絶ニブいとか

彼の個性を「面白い」と思える

度量があれば

うまく行くだろうが

なかなか難しいかもしれない。

同僚や友達レベルの距離感なら

「面白い」と思えていた個性も

家族になると害しかない

ってこともあるからね。

-つぶやき日記

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.