婚活仲間作るべからず

2019年9月10日

最近はツイッターやブログ、フェイスブック等SNSを使って、婚活体験談を面白おかしく書く方も増えています。

そうすると「わかるわかる~!わたしも同じ!」と、少しづつ同志が集まってくることでしょう。

それ、本当にストレス発散になってますか?

はっきり言います。そうやって婚活仲間を作るのはやめましょう。なぜなら女性同士の婚活トークは、ほとんどが愚痴と嘲笑にあふれており、建設的でないからです。

会った男性がどれだけダサかったか、どれだけキモかったか、そんな話ばかりしてませんか。

文句を言ってればあなたの婚活はうまく行くんですか?

SNSでは意に反するコメントは一瞬でブロックもできます。自分に都合のいい、耳障りのいい意見だけ集めることができる。

そうすると「自分は正しい!間違ってない!」という感覚だけが強化されて、反省や振りかえりをすることがなくなっていきます。

どんな出会いでも相手だけが悪いなんてことはないはずです。期待する結果ではなかったのなら、「何が問題だったのか?どうすればよかったのか?」をよく考えなければいけません。

自分のフィルタがおかしいのか。妄想をふくらませすぎたのか。やりとりに不備があったのか。自分の対応に問題はなかったか。

そういう冷静な反省を経ずして、傷の舐めあいばかりしてても、交際や結婚に近づくことはないでしょう。

もしどうしても婚活仲間が欲しいと言うなら、うまく行った事例の共有や、自分の言動を客観的に見て指摘してくれる友人なら作る意味があると思います。

しかしアラフォーともなると、知り合ったばかりの人にダメ出しをするような勇気ある人はあまりいません。

わたしも婚活を通して知り合った女性が何人かいるのですが、「それはどうかな?」と思うことがあっても、面と向かって指摘したことはほとんどないです。表面的に同調して終わりです。

おそらく相手も自分に対してそういう対応だったのではないかと思います。

本気で結果を出したいのなら、婚活仲間とじゃれあってる場合ではありません。婚活は孤独な戦いとキモに命じましょう。




-交際編

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2022 All Rights Reserved.