マッチングアプリは確率ゲーム

2019年9月3日

しばらくマッチングアプリで活動したら

  • 足跡をつけた数
  • もらったいいねの数
  • マッチングした数
  • アポ数
  • 告白された数

を算出してみましょう。

 

たとえば現時点で

下記の通り進んだとします。

1.足跡…1000人

↓20%(通過率)

2.いいね…200人

↓50%

3.マッチング … 100人

↓10%

4.アポ10人

↓10%

5.告白1人

 

ということは、

5人の男性に告白してほしければ

単純に5000人に足跡を

つければいいことになります。

 

わたしの場合、

1~5を7~10日で回し、

まずは1カ月に2人

告白させることを

目標にしていました。

実際は1人が限界でしたが。

 

そしてこの「告白してきた男性」こそが

自分の市場価値、

メルクマールとなります。

「これ以上を望むのは高望み、

これより下なら楽勝で行ける」

という手ごたえをつかみました。

そして自分の希望を

チューニングしました。

 

告白されて以降の展開を

しくじると一瞬ショックですが、

とにかくすぐ打席に立ちます。

というのは続けてればまた

「似たような人」と会えるからです。

たとえば3カ月活動して

  • 超タイプ・・・1人
  • まあまあタイプ・・・3人
  • タイプじゃない・・・5人

に会えたとします。

すると次の3カ月も

だいたい同じ結果になります。

 

超タイプの人とご縁がないと

悲しい気持ちになりますが、

落ち込む必要はありません。

「似たような人」と

必ずまた会えます。

 

かようにマッチングアプリで

活動していると

数字ですべて把握できます。

漫然とダラダラやりとりや

デートを繰り返すのではなく、

常に数字を意識するよう

心がけましょう。

 

すると

「自分はどれくらいの人と、

いつ頃結婚できそうか?」

も見えてきます。

わたしは数字を把握することで、

なんとなくゴールが

イメージできたので、

婚活も最後まで

がんばることができました。

-アプリ婚活とは

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2022 All Rights Reserved.