書評:アプリ婚~お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました(新里碧・著)

2020年6月21日

アプリ婚~お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました
新里碧・著

 

彼氏いない歴3年の

広告代理店プランナーの女性が

29歳でお見合いアプリを始め

32歳で結婚するまでを

コラムと漫画で描いた本です。

 

読んでて衝撃だったのは

アプリを始めてすぐできた

彼氏とのエピソード。

アプリを退会したかきいたところ

「退会?するわけないでしょ。

これだけいいね集めるのに

どれだけ苦労したと

思ってるの?」

と言われ違和感を感じたものの、

「結婚は我慢ていうし...」

と自分を騙し続けたというくだり。

ほかにも

「誕生日は祝いたくない」

と言われたり、

彼の友だちや家族に紹介されないなど

数々のありえない言動に直面し

周囲からも交際を反対されながらも

なんと1年半も交際を

続けていたそうです。

 

3年彼氏がいない間に

恋愛感覚が鈍っていたのかもしれない

と振り返っていますが

いやはや失った時間の価値を

考えると恐ろしいですね。

 

この経験から著者は

「マッチングアプリは

危機察知能力がある人、

ヤバい人レーダーが

敏感な人は向いてる!

鈍感な人にはおススメしない!」

と警鐘を鳴らしています。

 

たしかにパッと出会えて

パッと付き合えるのが

マッチングアプリの

メリットですが、

変だと思ったらすぐ損切りする

決断力がないと

流されて時間をムダに

してしまうので

注意したいところです。

 

ただ、今の旦那さんと

お付き合いを始めたとき

結婚の意思確認を

ちゃんとしたという記述は

ありませんでした。

「結婚できたからいいけど

1年も付き合って

これでまた結婚できなかったら

どうするつもりだったんだろ...」

という気もします。

結婚できたからいいものの、

少々行動が博打ぽいですね。

 

さらに著者の新里さんは割り勘派で

自分からガンガンいいねして

旦那さんにも自分から告白して

付き合い始めているので、

婚活メソッドとしては

わたしとだいぶ相入れない

ものがありました。

 

まあそれでもゴールした事例として

興味深く読めました。

婚活に疲れたときの癒し方、

やりとりのコツなど

いろいろなノウハウも

細かくちりばめられているので

参考になると思います。

 

アマゾンで購入できます。

Kindle版もあります。

もくじ

1 お見合いアプリを始めたきっかけ、
プライドと強引のハザマで

2 ”いいね!”が返って来ない!
プロフィールどうする問題・写真編

3 話しかけやすいプロフィールって?
プロフィールどうする問題・テキスト編

4 お見合いアプリの男性目線と女性目線、
男性はプロフィールのこんなところを見ている!

5 メッセージどうする問題!
やりとり開始したものの、何話せばいいの?

6 アプリからいよいよ現実に!
どうやって会う流れになるの?いつ会うの?

7 会ったものの、それっきり音信普通...
フェードアウトでのダメージを軽減するには?

8 男女で違う?!いよいよご対面!で
感じるギャップって?

9 お見合いアプリならではの
”付き合う前後の悩み”

10 お見合いアプリに向いている人って、
どんな人?

11 お見合いアプリに存在する、
「20代と30代の差」

12 真面目な堅実女子ほど罪悪感MAX?!
こじらせない”お断り”の方法って?

13 「めんどくさい」「虚しい......」と
”婚活疲れ”のあなたにオススメの息抜き方法!

特別描き下ろし! 実録 アプリ婚に至るまで

-レビュー

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.