タメ口は使わない スラングや絵文字は最小限で

親近感を出したいからといって、スラングや顔文字を多用するのは悪手です。文章は少し堅いかな?くらいでちょうどいいと思います。

文章の装飾に気を遣うくらいなら、誤字脱字がないか?一読して意味の通る文章か?をよく考えて送信してください。

敬語を崩してタメ口にするのは、2回以上会ってから。たとえ同い年でも最初のうちは敬語で話し続けましょう。なし崩し的にタメ口にしてはいけません。

相手が何歳であれ、最初のうちは相手は取引先だと思ってやりとりしてください。

たまに断りなくタメ口で話しかけてくる人がいます。その場合、こちらはガンとして敬語で話し続けましょう。そうすると相手も勘づいて敬語に戻ることがあります。それならギリOKとします。

いつまでたってもタメ口で来る場合は、空気が読めない、馴れ馴れしい男ということですから、お断りでいいでしょう。

敬語での会話期間は長くなればなるほど、タメ口にしたときの距離感が嬉しく感じられるものです。自分はきちんとした社会人だと印象づけるためにも、くだけすぎずきちんとした言葉づかいをしましょう。

-マッチング編

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.