離婚理由の聞き方

2020年8月10日

離婚理由は可能な限り

根ほり葉ほり聞きましょう。

1時間くらいかけて、

あるいは複数回にわけて

しゃべってもらえば

本当かどうかは

だいたいわかります。

ウソなら必ずボロが出ます。

 

理由については

ファクト(事実)を集めて、

周辺情報から

推測したほうがいいと思います。

  • 何年前
  • 何歳の時
  • 婚姻期間(別居期間)
  • 元妻のスペック
  • なれそめ
  • 周囲の反応(特に親)

とかですね。

 

お相手の離婚プロセスを

自分の脳内劇場で

再生できるくらい

聞けるとベターです。

 

「オレはこう思った」

「彼女はこうだったんだと思う」

といった相手の推測は

あまりあてになりません。

事実を聞きましょう。

 

聞き方はずばりストレートに

ビジネスライクに切り込んで

しまって構いません。

だいたいにおいて、

男性は自分の離婚経験を

聞いてもらう機会って

ほとんどないので、

「うんうん、

それはお辛かったですね」

とかなんとか言って

共感するフリしてれば

意外と喜ばれます。

 

「これ以上聞いたら

ちょっと厚かましいかも?」

ってくらいまで攻めて

OKです。

-交際編

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.