プロポーズされたあとに遺伝疾患や障がいの兄弟がいることが発覚。「聞かれなかったから言わなかった」と言うが(30歳女性)

2021年2月7日

30歳
明日香
できればほしい
1年半

 

本文が長くてすみません。

混乱してる状態でもあるので相談させてください。

「聞かれなかったから言わなかった」

婚活をしていて表題の台詞(時には言い訳として)を吐く男性に数度遭遇しました。

現在真剣交際中の彼に先週の誕生日にプロポーズされたのですが、その際にも発覚した事実がありそれを指摘したらその台詞が出てきました。

プロポーズの返事は曖昧にしてあります。

 

当日発覚したことは癌家系であること、病気があることでした。

以前障がいを隠していた(内臓のいくつかが欠損という)人がいた為、やりとり中と会った時にその話をして「そういうのがないか」を聞きました。

  • 将来的に病気になってしまうことはあるにしても現段階で持病がある
  • 病気になる確率が高い懸念事項がある(家系、健康診断等)
  • 遺伝や事故後の不具合

「一つでもあったらダメというわけじゃないけどものによっては不安になる。後々知るより先に知っておいて、それでもという気持ちかそれなりの覚悟を持って進める方がいいので」

ということを伝えて質問してました。

現時点で心身ともに健康の人がいいということも言ってありました。

 

その際彼には

「健康診断で血液検査でちょっと引っ掛かったことがあるけど健康ですよ。大丈夫です。」

と言われました。

私も風邪気味で健康診断を受けて引っ掛かったことがあったのでちょっと引っ掛かるくらいはあるだろうと思い安心したんです。

 

が、プロポーズ時に

「そういえば言っておくことがある」

と言われたのは

  • 「祖父、父が同じ癌で亡くなってること」
  • 「その癌になる人が引っ掛かってる率が高い検査に引っ掛かってること」
  • 「血液検査の診断結果は"ちょっと"の範囲じゃないくらいだったこと(通院、投薬必須で現在も続いている)」
  • 「知的障がいの兄弟がいること」

です。

ずっと黙ってた、騙してたの?と言うと彼は

  • 「祖母や母は同じ癌じゃないから必ずなるわけじゃないし、家系というには薄いと思った」
  • 「投薬すれば治るから重症じゃないし癌になるとは限らないから現時点で病気とは言い難い」
  • 「障がい者の家族がいるかとは聞かれなかった」

という言い分らしいです。

私としては詐称の部類と思われます。

さらに「自分は障がい者じゃないから心身ともに健康。嘘をついた覚えはない。聞かれてたら答えてた」と。

 

たしかに

  • 「全員じゃなくても1、2人同じ病気になった人はいますか?」
  • 「現在病気じゃないにしても通院や投薬、診察を受けてる病気はありますか?」
  • 「親兄弟全員健常者で健康ですか?」

という聞き方はしてません。

でも私の伝えたことと質問で全て出てくる範囲の回答じゃないでしょうか?

故意に隠してたとしか思えないレベルです。そして屁理屈。

 

思い返せば、ある議題で方向性を決めて話し合ってたことがあったんです。

方向性がまとまり、それにそって検索をしていたのですが途中で彼の考える方向性が変わったらしいんです。

変わるのはいいんですが、それを私に言わず自分の中でだけ変わったことがわかってる状態で検索が続いたので話の辻褄が合わなくなって混乱した時がありました。

どうしようもなくおかしいので、話がおかしくない?と聞いてもおかしくない!の一点張り。

だってこういう話で今進んでるんだよね?と聞いたら違う、と。

そこで初めて途中で変わったことを知りました。

 

彼の方向性に合わせることは可能だったので、それならその時点で言ってよー!と言ったら「聞かれなかったから言わなかった」と言われたんです。

議題になってないこと。重要性の低いことならそれでいいです。

でもこれらは今まさに議題にあがってること。重要性の高いこと。それを含んだ質問をしていた。

なのにその言い分や行動になるのは妙だと感じます。

 

友人や家族にそういう奇妙さを感じる人がいなかったのですが、婚活では数人出会ってます。

これは実は人間関係や人間性的にはごく普通のことなんでしょうか

変だけど許容すべき事柄ですか?

許容すべき事柄だとしたらどの範囲まででしょうか?

プロポーズおめでとうございます、

と言いたいところですが

とてもそんな喜べる状況では

ないですね。

 

書かれてる通り、

彼が後出しで言ってきた

健康状態やご家族の事情は

意図的に隠していたものと

思われます。

これは明確な詐称、屁理屈ですね。

 

おそらく彼はこれまで

健康や家族の問題で

女性と破談になってきた

経緯があるのでしょう。

だから無意識のうちに

先出ししないクセが

ついてるんだと思います。

 

話し合いがスムーズに進まないのも

困りますね。

誰でも思い違いや

うっかり忘れはあるので

それが起きるのは仕方ないと思います。

しかし指摘されても気づかない

あやまらないというのは大問題です。

 

結婚前からこんな状態では

結婚したらもっと大きな火種が

ふりかかってきますよ。

彼、そんな調子で仕事は

うまく行ってるんでしょうか。

 

>「聞かれなかったから言わなかった」

これねえ、婚活男性に限らず

一定数いるので

そういう人と

あきらめるしかないでしょうね。

勝手に記憶を書き換える人、

現実を正確に把握できない人、

意見と事実の区別ができない人、

表層的な情報で脊髄反射して興奮する人、

まあどこにでもいます。

普通ではないけど、

めずらしくもないと思います。

 

もうここまでくると

モテるとかモテない以前の

話ですよね。

 

これまでの彼の言動を

冷静にかえりみて

合わないと思うなら別れる、

別れたくないなら受け入れる、

それしかないと思います。

 

知人のアプリ婚した女性で

お付き合いを始めるとき

人間ドックの診断書

提出させたという人がいます。

前夫がモラハラで

頭おかしい人だったので

「再婚するなら心身ともに

健康な人としたい」

と思い最初に確認したんだそうです。

彼氏さんはそれを

「僕の体をそんなに

心配してくれるなんて♡」

と彼女の好意と受け取り、

喜んで提出してくれたと言ってました。

いまは赤ちゃんも産まれ

とても幸せそうです。

 

明日香さんももし今後、別の男性と

結婚前提でお付き合いするなら

最初に診断書を出してもらっても

いいでしょうね。

 

個人的には甘党は

注意したほうがいいと

思います。

たとえいま健康でも甘党は

健康を損なっていく

リスクが高いです。

 

明日香さんの婚活

応援しています!

 

このご相談には続きがあります。

-お悩み相談
-,

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.