病気と家族問題を黙っていた彼氏に「実は私も奨学金がある。聞かれなかったから言わなかった」と言ってみました(30歳女性)

お世話になっております。

先日長い相談文を送らせていただいた日香です。

その節はありがとうございました。

 

涼子さんからの回答に

健康状態と家族の問題は意図的に隠していたもの。明確な詐称と屁理屈。

と私と同意見でやっぱりという気持ちになりました。

 

彼の場合最後の方に書いた以前の事例もあったのでうっかりには入らないと判断してます。

仕事は職業柄指示されたことだけをこなすだけのようなのでうまくいってるみたいです。

稼ぎもそこそこいいです。

 

涼子さんの知人女性の話参考になりました。

そのお話を受けて自分の中でよく考えました。

多分私は「健康であること」も重視してるのですが、今回のことはそれを重視してることを伝えてあってそれに伴う質問、確認を何度かしたのに「詐称したこと」が引っかかるのだと思いました。

そして発覚した際に屁理屈と言い訳「聞かれなかったから」「聞かれたら言った」を繰り返したことで今後必ず同じことをすると思いました。

要は信頼と信用を無くしたのだと思います。

 

ただ絶対に後悔しないのか微妙な気持ちもあったので最後のチャンスをかけました。

褒められた行動ではありませんが、彼が本当にうっかりだったのか。自分の行動と同じように相手にも寛容な心があるのかどうかを確かめるべく

「実は私も聞かれなかったから言わなかっただけで実は奨学金の返済が結構残ってる。聞かれたら言ってた。」

と言いました。

彼が言った事と全く同じ返答にして。

また、今後彼の治療にかかる費用や知的障害の兄弟に取られるかもしれない金銭・労働力と比較して同等の問題から返済を一緒に頑張っていきたい旨含めました。

※本当は奨学金含め借金は一切ありません

 

彼は「そんな大事なことを黙ってたなんてショック」「嘘ついてたのと同じ」「将来に関わることは聞かれなくても言わないとだめだ」とのたまったので「嘘だよ」「その考えがあるってことはあなたのは間違いなく詐称だった」と説明して詐称彼氏に別れを告げました。

彼からは「別れたくて言ったんじゃない」「一緒に返済頑張るつもりだった」「俺が言い忘れてたことをそんなに気にしてると思わなかった」「わざとじゃない」と縋りつかれましたが。

 

「聞かれなかったから言わなかった」人間はどこの界隈にも存在するとのことで衝撃を受けましたが、詐称レベルではなく本当にうっかりレベルくらいの人といい縁があることを願って頑張ろうと思います。

スッキリできたので涼子さんに相談してよかったです。

ありがとうございました。

日香さん、実に示唆深い

コメントありがとうございます。

 

おっしゃる通り、

彼の健康や家族がどうこうというより

意図的に隠していたであろう

態度が大問題だと思います。

 

最初から正直に打ち明けてくれてて

事後策についても提案があれば

また違った印象だったでしょう。

 

奨学金の話を振ってみる、

よくぞやりました。

たしかに褒められた行動では

ないですが

これで彼の不誠実さ、

自分勝手さが

よくわかりましたね。

「ショック」とか「嘘つき」とか

言われる筋合いありません。

 

実はつい先日

楽しくデートした男性から

「実は休職中」

とカミングアウトされて

お悩みの女性から

ご相談をいただいたとき

まさにわたしも

「『実はわたしも休職中』

と言って反応をみてみては?」

と回答したところでした。

 

自分のハンデは受け入れてほしいけど

相手のハンデは受け入れない

というのでは筋が通らないですからね。

結婚となればキレイごとだけでは

済みませんから

ここは割り切っていいと思います。

 

違和感に目をつぶったまま結婚して

スピード離婚になるくらいなら

婚約破棄のほうが

100倍マシです。

 

お別れになってしまったのは

残念でしたが

未練なく結論を出せたのは

良かったですね。

少しお休みして仕切りなおして

またがんばってください。

 

日香さんの婚活

応援しています!

-お悩み相談1400件以上
-

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.