引っ越し代の最適解

引っ越しのサカイが神対応だった

というニュースに

気になるコメントがあった。

ots***** | 11時間前

以前、沖縄から埼玉へ引っ越したことがある。最初に、サカイさんに、引っ越し費用の見積もりを取ったが、確か「67万円です」と言われた。すぐ「今、すぐに決めてくださって、他社と相見積もりをされないなら、62万円におまけします」と言われて、「じゃあ、お願いします」となった。すると、営業さんの上司から「当店にお任せくださりありがとうございます。宜しくお願いします」と、電話まであった。今思えば、断りにくく、させたかったのだろう。しかし、その後、やはり他社の見積もりが気になり、4社ほど見積もったら、Y社が「35万円です」と見積もってくれた。この件でサカイさんに断りの電話を入れたら「うちも頑張ります!」となり、交渉をして最終的に29万円まで減額させた。最初の半額以下だ。あの見積もり(67万円)は一体…?皆さん、引越の見積もりは、必ず数社に相見積もりする方が良いですよ。

67万の見積もりが

29万って全然違くね???

 

この話は本当なんだろうか。

 

わたしもこの前

引っ越しの相見積もりで

70万が50万になった経験をし

「ほんとこの人たち

吹っかけてるんだな~」

と実感したところだったので

あながちウソでは

ないのかもしれない。

 

繁忙期かどうかでも

違うのかもしれないが

少なくとも3割引きはデフォ

と思って間違いなさそうだ。

 

だいたい引っ越しって

値段とサービスがリンクしにくい

性質のものだと思うんだよね。

営業と現場って

別に連携してないよね?

値切ったぶん手を抜かれるとも

限らないし、逆に

たくさん払ったから

丁寧にがんばってくれる

ってもんでもない気がする。

安かろう悪かろうの

原理が働かない。

 

大手なら引っ越しの

品質は大差なくて

現場担当者によるとしか言えない。

つまり運。

 

であれば消費者として合理的に

いいサービスを受けたいなら

「引っ越し代は限界まで値切り、

そのぶん当日の作業員に

差し入れで還元してあげる」

のが最適解のような気がするが

どうだろ。

-つぶやき日記

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.