映画レビュー:街の上で

Youtubeのおすすめに何気なく出てきた

「男女のリアル問答」というワードが

目に留まったので見始めたら

あまりにリアリティのある動画だったので

驚いてすぐネトフリで視聴した。

 

そしたらめちゃ面白かった。

 

下北沢を舞台にしてるので

最初はサブカル万歳!みたいな

ブックオフの店内の匂いがするような

文化系オタクの映画かと思っていたが

全然違ったw

 

 

少し鈍感で女ゴコロに疎い

古着屋の青年(若葉竜也)が

4人の女の子(全員かわいい)の間で

ピンポンのようにあっち飛ばされたり

こっち飛ばされたりするさまが

コミカルで楽しい。

 

女子のほうがやっぱり成熟してて

ちょっとお姉さんぽい感じ

男子のほうがまだ子どもで

ちょっと鈍い感じ

その”ほんのちょっと”具合が

実に絶妙でリアリティに拍車をかけている。

 

最初から最後までとにかく会話が

リアルで自然なのがすごい。

別れ話する男女、

恋バナに興じる男女、

何か始まりそうな男女のシーンは

同じ空間を共有してるような

気分になれる。

リップヴァンウインクルの花嫁

もこんな感じだったな。

 

前半1時間半くらいはひたすら

リアルな男女の会話が続き

後半30分で怒涛の伏線回収が始まり

最後ピタリとピースがハマって終わる。

ドラマチックな展開も

過剰な演出もないが

最後まで全然飽きなかった。

 

チョイ役で出てる成田凌もよい。

今泉力哉監督、2021年の作品。

 

老若男女問わずおすすめ!

ちょっとこの予告を見ただけでは

作品の良さが伝わりづらい。

やはり本編を見た方がいいと思います。

 



-つぶやき日記

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2022 All Rights Reserved.