2通:職場の人間関係は円滑だが彼氏や友人にイラっとしてしまう(23歳女性)

2022年7月11日

年齢 23歳
名前 ゆい
子供 ほしい
婚活歴 半年ちょっと

 

涼子さん初めまして。

いつもTwitter等で勉強させていただいております。

彼氏が欲しくてマッチングアプリを始めようかな〜と思って色々調べている際に、涼子さんを知りました。

涼子さんの出している本を読んでからアプリを始めました。

おかげさまで、アプリをダウンロードして1ヶ月で素敵な彼氏ができました。涼子さんのおかげです。

 

今の彼氏自体に不満はないのですが、現在自分の性格に悩んでいてメールさせていただきました。

最近やっとわかったのですが、私はプライドが高く恋愛が向いていないです。ということは結婚も向いていないと思うのですが結婚したいです。

原因は家庭環境だと思っていますが、過去のことは仕方がないので詳細は割愛します。

彼氏や友人に対してだけプライドが高くなってしまい、直接的ではないですが、遠回しに私の方がすごいんだ的な話をしてしまったり、自分が正しいと思い込み、ちょっとしたことでイラッとしてしまいます。

そのせいで友達は1人しかいません。

職場の人に対してはならないので、会社では困ってなくて人間関係が円滑です。

自分で言うのもあれですが、職場では気さくで関わりやすい人間だと思われていると思います。それは仕事をやりやすくするためというわけではなく、素でそうなっています。

職場で誰とでも楽しく会話ができる私も、彼氏や友人にちょっとしたことでイラッとする私も、どちらも素です。




冒頭で述べた、ペアーズで知り合い半年ほど付き合っている26歳の彼氏がいるのですが、彼氏と会った日に1つもイラッとしなかったなぁという日がないです。

彼氏はいつも私を優先してくれて、喜んでいる私を見ると私以上に嬉しそうにしてくれます。

今まで出会った男性でこんなに物腰の柔らかい人はいませんでした

アプリでやり取りしている際も、唯一文章がチャラくなく、落ち着いていて他の男性会員とは違うなと思いました。

とてもいい人なのは頭ではわかっているのですが、心のどこかで見下しているのかもしれません。

だから「彼氏にそんなこと言われたくない!指摘された!むかつく!」と思ってしまいます。
本当に幼稚園児のようだなと自分でも思います。

さすがに態度には出さないので表面的な関係自体は良好なのですが、ストレスが溜まってきています。

もし同じことを職場の人に言われても何も思わないのに…と自己嫌悪の毎日です。

 

過去に日常的にストレスなく付き合えた男性は、自分の意思を伝えられない静かな人でした。

私にとって余計なことを言って来ない人だから当たり前ですよね。

余計なことどころか必要なことも言ってくれず報連相ができなさすぎて別れましたが…

今イライラするからと言って元彼のような人ともう一度付き合いたいとは思わないので、私の考え方次第なのはわかっています。

職場でのように、プライベートでも人間関係を円滑にしたいです。

このような性格はもうこの歳では治らないでしょうか。

 

また、私は本を読むのが好きです。

涼子さんは書評を投稿しているイメージも強いので、大変図々しいお願いではございますが、もしこんな私におすすめの本などありましたらご教示ください。

これからも応援しています。




23歳で彼氏を作れて

半年以上付き合えてるなら

全然結婚はできます。

心配ないですよ。

 

ゆいさんはいま何に困ってるか

自分でわかってて

そのためには自分を

変える必要があることまで

見えている。

だいたいの人は何に困ってるのか

何をすべきかなんてわからないまま、

ただ問題を大きくしてるだけなので

そういう人たちに比べたらもう

全然余裕です。

わかってても何もしない人もいますからね。

 

ただあまり無理に性格を変えようとかは

思わないほうがいいと思います。

せっかち、明るい、細かい(たとえばね)

こういうのは直りませんから

「自分はこういう性格なんだ」

と認めて受け入れて

それをどう使うかという方向で

考えたほうがいいでしょう。

おっとり、暗い、おおざっぱ、

でも同じです。

どんな性格にもよしあしがあり

使い方次第で武器にも重石にもなる

と知るところからスタートです。




私の方がすごいんだ的な話を

してしまったり

自分が正しいと思い込むのは

性格ではなく認知由来だと思います。

認知とは、ものごとを正しく

理解して適切に実行するための

脳の機能のことですが、まあ要は

心にかけるメガネみたいなものだと

思ってください。

心のメガネ(認知機能)が歪んでると

現実も歪んで見えるから

自分や他人の価値を低すぎ、

あるいは高すぎに見積もって

うまく行かないことが出てくる。

度数を調整して歪みを直せば

現実を正しく認識して適切な対応が

できるようになります。

これはトレーニング次第で

何歳からでも可能です。

 

よく恋愛本なんかで説かれている

「自己肯定感を上げましょう」

という話も要は性格改善ではなく

認知トレーニングの話です。

心のメガネ(認知機能)を直して

自分の価値も他人の価値も

正しく判断しましょうってことですね。

そうすれば誰でも結婚はできるし

幸せにもなれます。

 

彼氏やプライベートの人間関係で

イラッとしてしまうのは

ゆいさんの中で

「彼氏ならこうあるべき!」

「友達ならこうあってほしい!」

という理想があるからでしょうね。

だからその理想からはずれたことされると

がっかりしてしまう。

同僚にイラっとしないのは

さほど理想がないからです。

「ま、そんなもんでしょ」

と流せている。

これも心のメガネ(認知機能)の問題ですから

トレーニング次第で

いくらでも改善できますよ。




家庭環境が原因ではないか

とのことですが、

親子関係に悩みがあるなら

こちらの本はおすすめです。

結局、理想を下げない女が選ばれる(伊藤友美・著)

アラフォーアラフィフ向けと書いてありますが

20代の方にもヒントになる

アドバイスがあります。

 

運命の人はいくつになっても現れる: 恋愛ドラマセラピーで35歳から理想の結婚を手に入れる(中野左知子・著)

こちらも35歳からと書いてありますが

若い方にもおすすめです。

 

どちらの本も親子関係の改善に

アプローチしてるのが特徴で

良書だと思いました。

認知機能という言葉は出てきませんが

ベースの自己肯定感が高まれば

おのずとメガネの度数も合ってくるので

彼氏や友人ともうまく

付き合えるようになると思います。

 

あとは恋愛・結婚だけでなく

人間関係全般ということなら

わけのわからないカウンセラーだの

コラムニストだのが書いたものではなく

古典を読むのをおすすめします。

長く読み継がれてるだけあって

唸る示唆が多いですからね。

人を動かす(デール・カーネギー・著)

 

人間交際術 (智恵の贈り物) (アドルフ F.V.クニッゲ・著/服部千佳子・翻訳))

 

拙著のご購入もありがとうございます。

わたしの本は内面改善というよりは

実践的なハウツー色が強いので

自己肯定感の向上ということであれば

上記著作を読まれると

いいと思います。

 

まだ若いから可能性にあふれてるし

今後いくらでも変われますよ。

がんばってください^^

 

ゆいさんの婚活

応援しています!

 

涼子さん、こんにちは。

職場の人間関係は円滑だが彼氏や友人にイラっとしてしまう

で相談させていただいたゆいです。

お返事くださり、ありがとうございます(^^)

書籍も4冊も紹介してくださり、嬉しいです!

自己肯定感という言葉、色々なところで見聞きしますが、「私には無理だろうなぁ」と食わず嫌いのような状態でした。

でも涼子さんも"自己肯定感を上げれば、認知のメガネの度数が直ってくる"と仰っているのであればがんばってみよう!と思えました。

まずは恋愛云々は置いておいて、ベースの自己肯定感を上げるため、おすすめしてくださった古典2冊を読んでみようかと思います。

彼氏と交際前のアポの際にこのような心理学の古典を一冊借りたのを思い出しました。

私と同じく、本が好きな彼にもシェアしようかなと思います(^^)

涼子さんに"今後いくらでも変われる"と言っていただけて、モチベーションが出来ました。がんばります!

また何かあったら相談させてください。

ありがとうございました!

若いうちに本を読んでおくのは

とてもいいと思います。

年取ると老眼だし体力ないしで

本なんて読む気が

全く起きなくなりますからね。

 

自己肯定感て言葉が

流行り出したのもここ数年の

ような気がします。

少なくとも20年前は

聞いたことがなかったですね。

いろいろな調査で

国際的に見ても日本人て総じて

自己肯定感が低いらしいので

ここは意識してあげて行ったほうが

いいと思います。

 

彼氏くんと楽しくお付き合いくださいね^^



-メール相談2000件以上
-

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2022 All Rights Reserved.