書評:人間交際術 (智恵の贈り物) (アドルフ F.V.クニッゲ・著/服部千佳子・翻訳))

人間交際術 (智恵の贈り物) (アドルフ F.V.クニッゲ・著/服部千佳子・翻訳)

 

ドイツで初版は1788年だから、

230年以上前の超古典的

自己啓発書だ。

 

もともとは宮廷の男爵であった

クニッゲが陰謀で宮廷を追われたあと

作家に転身し

そのときに書いた本が

大ベストセラーになって

今に至るまで読み継がれてる

ということである。

 

デールカーネギーの

人を動かす』はビジネス寄りだが

こっちはより市民向けな内容。

 

基本的に具体例や

筆者の経験はまったくなく

ほぼ言い切り、命令のみw

見開き2ページで1テーマなので

もくじを読むだけで

内容をカバーできる。

とても読みやすく

スッキリしているが

説得力は弱いかもしれない。

 

ベースの主張は

  • 秘密主義者たれ
  • 孤高であれ
  • 他人に期待するな
  • 距離感大事

といったあたりかな。

まあいずれも現代で

よく言われてることだ。

200年前も現代も

ドイツ人も日本人も

本質は変わらんてことだろうね。

 

第4章では奇人変人と付き合うコツが

書かれているが

度を超えたこれらのタイプ、

ほぼ発達障害か精神疾患か

依存症かのどれかだろう。

クニッゲは

「欠点以上に誠実さや分別があるなら

我慢して付き合いなさい」

と言っているが

友だちや同僚なら許せても

身内となるときついだろうなと思う。

 

結構、自己啓発というより

身もふたもないことだけが

書かれてるページもある。

たとえば

安易に結婚の約束はしない

思慮の浅い若者の多くが安易に結婚の約束をし、将来の基盤を惨めなものにします。(中略)しかし、恋に心を奪われている人に、冷静な忠告や分別のある意見をしてみたところで、何の役にも立ちません。

とか、ほんとその通りなだけで

じゃあどうしたらいいのか

という示唆はいっさいないw

まあ確かに若くて浮かれてる人に

何言ってもムダだよな~。

 

恋愛、結婚、伴侶選びについての

クニッゲの洞察は面白い。

婚活してる人にも

参考になるだろう。

第1章 人付き合いが楽になる知恵

他人の評価を気にしすぎない
人を信じる
”おかげ様”だと考える
自分の苦境を訴えない
成功を見せびらかさない
人の失敗を吹聴しない
目立たないで、相手を立てる
相手の話とのつきあい方
冷静沈着であれ
ときには頭を下げる
人はなるべく頼らない
自立するために欲望を抑える
親切は熟慮の上で
約束は守る。これさえ守れば尊敬される
自分に厳しくあれ
人に関心を持つ
もめごとは自分で解決する
他人の行動は”どうでもいいこと”
信条は曲げない
言動は首尾一貫させる
良心に従う
気分屋にならない
気分屋に深入りしない
人付き合いに”差”をつける
自分が完璧だという顔はしない

第2章 自分も周りも愉快になる会話

洗いざらい話さない
人を笑い者にしない
悪い冗談は言わない
愉快な気分で
穏やかな表情で
気の利かせ方
適切なお世辞
軽蔑されないために
うわさ話を広めない
他人の家庭に意見しない
反論する際の心得
言葉や知識は小出しにする
話題にすべきこととは
謙虚であれ
慎重さを持って断定する
同じ話を何度もしない
うわっつらで盛り上がらない
決まり文句は控える
質問攻めにしない
反論されても冷静に
話題は場所をわきまえて
宗教心には寛大に接する
宗教的な話題の取り扱い方
人の容姿をバカにしない
苦痛ではなく楽しみを与える
辱めには同調しない
口は慎むべき
自分をよく研究し、改善する
さりげなく気遣う
相手の話がつまらなかったら

第3章 一歩抜きん出る人づきあいの秘訣

なじみのない雰囲気に自分を合わせる才を持つ
過大な自尊心は捨てる
中心にいようとせず、期待を少なくする
服装は身分相応のものを
「もっと会いたい」と思われるように
他人との間に距離を置く
どんな会話からでも学ぶ
自分より賢明な人とよく話す
手紙を送る
手紙を受け取る
他人による他人の評価は当てにならない
人は行動によって判断する
自分自身と対話する
自分自身を大切にする
自分自身に誠実であれ
心と体の健康に気を配る
自分自身を尊敬する
自分の長所を自覚する
自分自身が好ましい伴侶となる
自分に対して厳しくする
他人と見比べを他人と自分を比べない

第4章 どんな人ともうまく付き合えるコツ

尊大な人
野心家
虚栄心の強い人
傲慢な人
神経質な人
強情な人
喧嘩腰の人
おこりっぽい人
執念深い人
怠惰で無気力な人
社交的ではない人
嫉妬深い人
ケチな人
浪費家
恩知らずな人
陰謀好きの人
ホラ吹き厚かましい人
悪党
小心者
軽率でおしゃべりの人
詮索好きな人
注意力が散漫な人
変人気まぐれな人
気が弱い人
皮肉や悪臭に染まっている人
熱狂のうちにある人
偽善者
無神論者
心を病む人

第5章 友人や家族隣人異性との付き合い方

様々な世代の人とつきあう
無理して若作りしない
老人を敬う
子供とのつきあい方
結婚相手は慎重に選ぶ
結婚相手とは価値観が違ってもいい
愛されるためにする努力
浮気されないために
浮気をしないために
相手の心を独占しない
夫と妻、どちらが裕福なほうがよいか
男女間の溝を埋める
恋人のことしか頭にない人
恋の喜びは口にしない
安易に結婚の約束はしない
離婚について
健康体
服装で異性への印象は変わる
女性を誉めるなら
女性に花を
秘密をあえて打ち明ける
勝ちを譲る
女性は本心を隠す
幼なじみ
友人は多くなくていい
友に敬意を払う
友人には不運を話さない
友人を励ます
偽装のないつきあい
友の友情を喜ぶ
好意を押し付けない
友人がいない人
家族間の誤解はすぐ解決する
酔っ払いとのつきあい
アドバイスをする際に
身分の高い人、金持ちについて
身分の高い人、金持ちとの付き合い
権力者のもとへ押しかけない
狭く厳しい道をいけ
能力を見せびらかさない
ふさわしい扱いを
嫌なことはキッパリ断る
威厳を保って
本当のつきあい方

-レビュー

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.