超初心者向け:美人写真が撮れる方法

2019年9月2日

マッチングアプリでは

写真で好印象を

持ってもらうことが

とにかく大事です。

写真こそが命です。

初めて写真を見た時の

0.1秒の印象が

その後の展開を大きく左右します。

 

ここではプロカメラマンや

フォトスタジオに頼ることなく、

手っ取り早く美人写真が

撮れるテクニックを

ご紹介したいと思います。

ポイントは大きく3つです。

曇りの日の正午前後に撮る

曇りの日は光が強すぎず弱すぎず、

肌がとても綺麗に映ります。

「今日はちょっと雲行き怪しいな…」

と思ったらすかさず

屋外に出て自撮り写真を

撮ってみましょう。

 

時間はお昼を挟んで

前後2時間、

午前10時~午後2時くらいを

狙ってください。

午後2時を過ぎると色が濁ります。

このタイミングなら

レフ板や照明機材などを

使わなくても十分綺麗に撮れます。

 

晴れの日だと

直射日光があたって

まぶしいので、

どうしても目に

シワが寄りがちです。

また陰影がハッキリ出てしまうので

表情がわかりにくくなります。

曇りの日を狙って

撮影しましょう。

角度を変えて30枚ほど撮る

自分が一番美しく見える

アングルを見つけましょう。

必ずあります。

ぜひ上から下から横から、

角度を変えて30枚ほど

撮影してみてください。

 

そこから自分で

「違うなー」と思う写真を削除し、

5枚ほど残します。

その5枚を友達や家族に見せて

自分らしさが伝わる

印象のいい写真を

選んでもらいましょう。

 

自分撮りに慣れてない方はこの

「自分が一番美しく見えるポーズ」

を知らないことが多いです。

一度覚えれば、今後スナップ写真を

撮るときにも使えます。

「わたしはカワイイ」と目ヂカラを入れる

実はこれが一番重要で

写る瞬間は

「わたしはカワイイのだ!!」

と強く思いこんでください。

そうするとびっくりするくらい

表情が変わります。

 

試しにいま

ノーメイク&部屋着の状態でいいので

「なんとなく撮った自撮り」と

「カワイイと信じ込んだ自撮り」を

見比べてみてください。

表情が明らかに違うはずです。

 

プロのモデルや女優さんが

雑誌や広告で輝いて見えるのも

「気合い」がバッチリ

入ってるからです。

気合いを入れて撮影しましょう。

 

以上3点です。

  1. 撮影時間
  2. アングル
  3. 目ヂカラ

ぜひともこれらに留意して

撮影してみてください。

画像編集アプリなんか

使わなくても、

これだけで印象のいい写真が

撮れるはずです。

-登録編

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2022 All Rights Reserved.