里子と里親

3歳から里子に出されて

25歳まで里親家庭で育った男性が、

「大人になってから産みの母親に

経済的支援や身元保証を

求められたがはっきり

断ることができた。

それは里親との関係が

しっかり築けていたからだ」

と言っていた。

 

それはつまり

「自分の居場所は里親の家だ」

という自信や絆があった

ということだろう。

 

受け入れる里親側も

里子になるほうも

なかなかできることじゃないよね。

すばらしい。

 

 

里親とうまくいってないと

(存在意義がゆらぐのか?)

「自分には何もない」

と思ってしまい、

産みの親の頼みを断れない、

つい支援してしまう

とかよくあるらしい。

 

こういう話をきくと

「血縁は関係ないのだな」

と思えてくる。

-つぶやき日記

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.