書評:お互い40代婚(たかぎなおこ・著)

お互い40代婚(たかぎなおこ・著)

 

婚活ではなく恋愛結婚を経て

妊娠、出産した

40代夫婦のコミックエッセイ。

 

最初から最後まで

描かれてるエピソードや

気持ちの揺れ動きは

20代カップルのそれと

まったく同じ。

 

マッサージしてくれる夫サイコ~

とか

お互いの方言の違いがオモロ~

とか能天気なノロケ話が続く。

40代の新婚だから特別

何か違うということはない。

 

妊活の様子も

高齢ゆえの葛藤や悩み

みたいなのはほとんどなく

「かわいい赤ちゃんほし~」

「よし作っちゃお~」

みたいなノリ。

で帝王切開で出産。

 

大変おめでたいことでは

あるものの

炎上覚悟で言っちゃうと

「42歳の母と45歳の父って

ホラーでしかなくね」

というのが正直な感想。

片方だけならともかく

両親ともオーバー40って

子どもにとって

どうなんだろうとか

成人前に還暦だよなあとか

これから更年期突入なのに

本当に大丈夫なのかとか

いろいろ想像してしまう。

大きなお世話ですけども。

 

体は40代、頭は20代な男女の

結婚生活ってかんじで

ほんわかしたイラストと

対照的に不気味さを感じる。

 

また昨今の芸能人の

高齢出産ニュースのように

モタモタグズグズしてる

おっさんおばさんに

「アラフォーでもイケる!」

といらん夢を

与えることにもなりそうだ。

 

甘いものがやめられず

ジャイアントコーンを

毎晩食べてる描写には

ドン引きしてしまった。

案の定、病院で妊娠糖尿病リスクを

指摘され節制する

様子が出てくるが

この夫婦、甘いもんばっか

食べてるんだろうか。

 

作風がちびまるこちゃん風で

40代らしさはぜんぜん

伝わってこないので、

若夫婦の話と錯覚しそうになるが

この2人は孫がいてもおかしくない

れっきとした中年男女である、

ということはしっかり

想像しながら読みたい本。

 

アマゾンでは「ほのぼのする」とか

「幸せオーラありがとう」みたいな

好意的なレビューが並んでいるが

う~んわたしは読んでて

そんな気分にはぜんぜん

なりませんでしたスミマセン。

 

もくじ

はじめに

第1話 今がいいからってこのままでもいいのかな?

第2話 あの人やっぱりいい人な気がするなあ

第3話 40歳という年齢

4話 ひとりぐらしの部屋に泊まるのはこれが最後

5話 ちゃぶ台との別れ

第6話 ささいなことやしょうもないことで一緒に笑える人

第7話 喜びを分かち合う

第8話 若がえることはできないし!

9話 親になることの実感

第10話 さぁいよいよ出産まであと少し!

11話 3人家族になりました

エピローグ 続いていく子育て生活

おわりに

本作とは関係ないが

以前、コロナで学校が休みになり

発達障害児を抱える親が

子の世話で追い詰められている

という記事を読んだ。

<新型コロナ>発達障害児、窮地 在宅でリズム崩し自傷 親もストレス懸念

記事には3児童出てくるが、

子が産まれた時の親の年齢を

それぞれ逆算すると

  • 父44歳
  • 母41歳
  • 母40歳

の時の子なんだよね。

 

高齢出産だからといって

即発達障害というわけでも

ないだろうが、

こういう現実を見ると、

産むなら早いに越したことは

ないのではと本当に思う。

他人ごとではありますが。

-レビュー

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.