求人情報の罠

求人情報の募集要項には

とかくトラップが多い。

プロが書いてるので

美辞麗句が並べ立てられており

どの会社も魅力的に見える。

ということでここでは

求人情報でよく見る表現の

翻訳を書いてみようw

 

未経験者歓迎

誰でも出来る重労働。ブラックだから辞める人が多い。ソルジャー要員募集

 

アットホームな環境

公私混同が多い。家族なんだから無償で働け。在籍長い社員が既得権益化

 

マネージャー候補、幹部候補

人が育ってない。管理業務と現場仕事、両方やれ

 

風通しが良い職場

噂話と悪口ばかりで飲み会が多い

 

ボーナス:最大6ヶ月分実施実績あり!

1回だけ。毎回ではない。

 

正当な評価

フルコミッション(完全歩合制)に近い給料形態

 

しっかりとした指導

休憩時間なしでロープレします

 

残業規定内

上司の命令で退勤届け後に仕事続けて

 

週休2日制

休日出勤がある可能性大。「完全」週休2日制なら安心

 

クラブ活動充実!社員旅行あり!

土日の集まりあり。社員同士の交流が濃密。(これは合う人には合うかも)

 

つまり、マッチングアプリの

自己プロフィールと同じで

ほとんどあてにならない

ということだ。

 

では求人情報のどこを見るべきか?

 

企業の本音はやはり

雇用条件に現れる。

給料、年間休日数、ボーナス、昇給、

有給休暇数など

”数字”をよく見ることだろう。

給料は業界標準かどうか。

年間休日数は何日か。

目安は土日祝日、

年末年始とお盆で

年間120日以上になる。

 

まともな企業ほど

数字できちっと

誠意を表現してるはずだ。

そして内定後はちゃんと

書面で内定通知をもらって

おくことだね。

-つぶやき日記

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.