書評:早子先生、結婚するって本当ですか?(立木早子・著)

2021年9月2日

早子先生、結婚するって本当ですか?(立木早子・著)
2014年発行

 

3部作ようやく読み終わった。

1部:早子先生、婚活の時間です(立木早子・著)

2部:早子先生、結婚はまだですか?(立木早子・著)

 

以下ネタバレ。

 

 

 

早子先生は結局、

見合いや合コンではなく

仕事の研修先で出会った

9歳年下の男性に一目ぼれされ

結婚が決まった。

早子先生38歳である。

 

苦労人でチャラチャラしたことが

きらいな旦那さんと

素朴な早子先生という

とてもお似合いなカップルだ。

 

めでたしめでたし。

 

この2人の勝因は

子どもを熱望していなかった

ことだろう。

(といったことは描かれてないが、

そうじゃないと

うまく行くとは思えない)

子作りありきの結婚ではなく

パートナー重視の結婚がしたかった、

だから縁があったんだと思う。

子どもが欲しかったら

早子さんはもっと若い時に

結婚していただろうし、

旦那さんも9歳も上の女性は

選ばなかったに違いない。

 

子どもか?パートナーか?

どっちを優先させるかは重要だ。

これがはっきりしてれば

この漫画のように迷うことも

他人の結婚に焦ることもなく

たんたんと婚活できるだろう。

(20代の女性なら

どっちかではなく

両取りで行ってほしいが)

 

あと双方の親御さんも

のんびりしてて

感じがいいやね。

これでどっちかが毒親だったら

こんなスンナリは

進まなかったのでは、

つまりラッキーだったと思う。

 

最終巻でミカ先生も

無事ゴールインし、

これで婚活仲間は全員結婚した。

どの女性もベストパートナーを

選んでいるように思う。

そしてどの男性も結婚に向けて

サクサクと動いている。

「そうそう。結婚する男の行動って

こうだよねえ」

と改めて思った。

結婚を決意した男とは

どう動くのか?

見たい知りたい人は必見。

 

早子さんの小学校教諭という

仕事にかける想いの

くだりも良かった。

生徒にとっては本当に

いい先生なんだろうな。

早子先生、結婚するって本当ですか?(立木早子・著)

-レビュー

Copyright© 涼子の婚活@マッチングアプリ , 2021 All Rights Reserved.